Monthly Archives: July 1997

No.283 麻酔について 水上 智

「麻酔」という術語はすでに江戸時代の医書にみられるそうです。現在、私たち麻酔科医が手術の際に用いる麻酔法は全身麻酔だけではなく、部分麻酔といわ れる硬膜外麻酔、脊椎(せきつい)麻酔等があります。これらの方法を単独あるいは併用して麻酔を行います。私たち麻酔科医は手術という侵襲(しんしゅう) から患者さんを守る立場にあります。したがって、選択する麻酔法はまず安全第一であり、患者さんにとって快適でなくてはなりません。また、手術をする側に も快適に手術できる環境を提供しなくてはなりません。  手術に伴う最大のストレスは「痛み」です。全身麻酔だけでも手術中に痛みを感じることはありません。しかし、手術後の痛みまではとれません。手術後もっ とも痛いのは24時間くらいまでだといわれています。そこで私たちは手術中から手術後を通じて痛みをとる努力をしています。痛みそのものも問題ですが、痛 みのために十分な呼吸ができない、手術の傷の治りが遅れるなどの問題も含んでいます。したがって痛みを抑えるということはとても重要です。  安全に麻酔を行うためには事前に患者さんのことを十分に知らなければなりません。以前に何か手術を受けたことがあるか、血縁者に手術を受けて何か問題の あった人がいないか、手術を受ける病気以外に治療を受けている病気はないか、もしあれば薬を飲んでいないか、などです。これらの情報と手術前の検査結果お よび手術内容を検討して麻酔法が選択されます。もちろんその方法を患者さんに説明し承諾が得られて初めて最終的に決定されます。  もし、みなさんが手術を受ける機会があり、麻酔科医の訪問を受けた際にはどんな些細(ささい)なことでも分からないことはどんどん質問してください。手 術に大小はあっても麻酔に大小はありません。安全に、そして快適に手術、麻酔を受けるためには、患者さんも積極的に手術、麻酔について知ろうとすることが 大切です。私たち麻酔科はそのような患者さんの要求にできる限り応えられるように今後もよりいっそう努力していきます。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.283 麻酔について 水上 智

No.282 脇腹に突然激痛が-帯状疱疹? 佐藤 勲

50歳代後半になった4年ほど前のことである。勤務の帰り道、突然石わき腹にえぐられるような激痛がはしった。そのときの痛みは数秒と続かずおさまって しまった。しかし数分後同様の痛みが起こり、その後は刺すような、やけるような痛みが数分ごとに断続的に続いた。痛みのごとに立ち止まって、わき腹を押さ え自然にウーッという声を発していた。直感的に、帯状疱疹だなと思った。帯状疱疹は高齢者に多い病気と言われており、ついに自分も高齢者の仲間入りをした か外このことを長い間、体の奥底の神経に潜んでいたウイルスのやつが教えてくれたというわけか。激痛がはしるたびに、そのことをいやおうなしに思い知らさ れた。しかしやっかいなことになったなあ。これをこじらせると仕事どころではないし、生活も痛みに支配されてしまう。なんとかしなければと思い、自宅に着 くやいなや薬箱にあった鎮痛薬を飲んだ。数時間は痛みを忘れていた。しかしそんな甘い簡単な痛みではなかった。痛みの発作ごとに坐薬やら内服薬やらを手当 たりしだいに使ってみた。坐薬のおかげで夜は眠ることができた。翌朝、ウイルスのやつが手荒く電撃痛でわき腹を刺して起こしてくれた。こんなことで仕事を 休むわけにはゆかない。ポケットに鎮痛薬をしのばせ、自宅を出る前に坐薬をさし、内心ビクビクしながら職場に向かった。数日後、案の定、右わき腹に赤いあ わ粒状の水疱が肋骨(ろっこつ)に沿って並んで出てきた。約1週間は朝、坐薬1本挿入、昼、鎮痛薬内服、就寝前、また坐薬といった生活が続いた。10日 後、わき腹の水疱も乾燥し、落ちてきれいになった。痛みもどういうわけかまったく治まってしまった。まさにラッキーのひと言であった。  かくいうわたしは疼痛(とうつう)専門の医者で、外来では痛みに苦しむ帯状疱疹の患者や、それをこじらせてしまった帯状疱疹後神経痛の患者の治療に当 たっているが、自分で体験してからは患者の痛みに対して実感としてその痛みを分かち合うことができるようになり、今ではあれはど憎かったウイルス様に感謝 しているしだいである。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.282 脇腹に突然激痛が-帯状疱疹? 佐藤 勲