Monthly Archives: December 1997

No.292 癌(がん)予防のための子宮癌検診、肺癌検診 佐藤 英章

広報こしがやで何度となくお知らせされている生活習慣病(成人病)検診について、その採取された細胞の良性・悪性の診断をしている病理医の立場から少し詳しくお話ししたいと思います。 越谷市では老人保健法に基づいて成人病検診を行っています。そのなかで病理の対象となっているのは子宮癌(がん)検診と肺癌検診です。子宮癌検診では 30歳以上の女性を対象とし、子宮内腔表面よりブラシや綿棒で細胞を採取し検体とします。また、肺癌検診では40歳以上の方を対象に、痰(たん)のなかの 肺より剥(は)がれ落ちた細胞を検体とします。これらの検体は、受診された医療機関より検診センターなどに運ばれます。この細胞をガラスに塗り付け、顕微 鏡にて観察をします。観察は細胞検査士が数百ないし数千ある細胞の中から異形細胞を見つけだし、良・悪性の最終診断は細胞診指導医(病理医)が行います。  1年間で子宮癌検診、肺癌検診ともに癌と診断される人はおおよそ1000人に1・5人です。癌は進行癌と早期癌とに分けられ、それによって大きく予後が 異なります。進行癌では5年生存率(癌の治療を受けて後5年間生存する割合)は60パーセント以下であるのに対し、早期癌では5年生存率は約97パーセン ト以上とほとんど100パーセントに近い生存率を示しています。早期癌とは癌発生の初期のもので、癌であっても初期のものであれば手術、放射線治療などで 完全に癌を撲滅できる可能性が非常に高いのです。では、癌を早期の状態で見つけるにはどうしたらよいのか。それを最大の目的としているのが成人病検診なの です。 毎年の定期検診を行うことで癌になる前の異常を発見することができ、その段階で生活習慣(例えば、喫煙、塩分の過剰摂取など)の改善により癌にならない ように予防することができるのです。癌予防のため必ず成人病検診を受けましょう。できれば、年1回といわず年2回以上受診されることを望みます。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.292 癌(がん)予防のための子宮癌検診、肺癌検診 佐藤 英章

No.291 放射線と医療被曝 手島 泰明

医者が医療を目的として患者に与える放射線被曝(ひばく)のことを医療被曝といいます。日本の法律では人間に対して、放射線をあびせることの決定権をも つのは医師資格を有する者のみです。日本人は一般に放射線に対してナーバスであるといわれていますが、最近の原子力発電所の事故の問題についても神経質に なることは科学的にはいいことと思われます。 医療被曝についてはどうでしょうか。医療被曝をコントロールしているのはリスク(危険)と利益の関係で、リスクは放射線を使用した検査でおこるかもしれ ない患者さんの不利益のことで、被曝がリスクになります。被曝による有害効果とは? 歴史的に証明されていることでは発癌(がん)があります。X線が発見 された1920年代に放射線をあびた研究者に癌が多く発生しました。この当時は防護ということを全然考えていなかったためです。医療被曝でこのような大量 被曝は少ないですが、例えば胸のレントゲンを撮った場合に、このような少量のX線があびせられた場合に、理論的にはある確率で発癌の可能性は計算上ではあ り得るといわれています。 利益とはⅩ線の検査をすることによって確実な診断がつくことです。確実な診断がつくなら、利益はどんどん増えることになります。ですから、Ⅹ線がこわい からといって、検査をはじめから否定するのは疑問があります。必要だからやる。被曝の量はできるだけ下げる努力はする。Ⅹ線の量は診断できるギリギリの低 いところで行っています。病気の診断にはリーズナブル(合理的)なⅩ線被曝は必要であるということになります。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.291 放射線と医療被曝 手島 泰明