Monthly Archives: March 1998

No.296 乳房を失わずに乳がんを治す -乳房温存療法- 野崎 美和子

乳がんは、女性の病気の中でとても重要な疾患の一つです。欧米では、女性のがんの中でもっとも数が多く、日本でもその数は年々増加しています。 乳がんの治療は、かつては乳房全体とその周囲の筋肉やリンパ節を広い範囲に切除してとる手術(乳房全摘術)が主流でした。しかし、医学の進歩によって乳 がんは早期に発見されることが多くなり、また、乳がんのある段階のものでは、乳房全摘術をした場合と乳房温存術(がんのある場所とその周囲だけをとり除く 手術)をした場合とを比べてみると、治る確率に全く差のないことがわかってきました。ただし、どちらの手術も再発を防ぐために、手術の後に抗がん剤や放射 線治療などの補助療法が必要です。とくに、乳房温存術の場合は残った乳房への放射線治療が不可欠です。 放射線というと原爆などのイメージから、ちょっとびっくりされるかもしれませんが、放射線治療とは、手術の後に残っているかもしれない微小ながん細胞を 殺すための効果的な治療法なのです。放射線は目に見えず、からだにあたっても熱くも痛くもありません。副作用を心配される方がいらっしゃるかもしれません が、放射線による悪い影響は、必要な場所以外に放射線があたってしまったり、また、一度にたくさんの放射線があたってしまうことにより生じるものなので す。乳房に放射線をかける場合は、治療技術によって、乳房以外の場所にはほとんど放射線があたらないように工夫できます。また、毎日少しずつ放射線をかけ ることによって、多くの副作用は軽減されます。乳房温存術後の放射線治療は、1回に5分間ぐらいで、だいたい5週間行います。長くて大変と思われるかもし れませんが、この毎日少しずつ治療することが、副作用をおさえて病気を治すためにとても大切なことなのです。 乳房温存療法は、すべての乳がんに適しているわけではありませんので、専門医によくご相談なさるとよいと思います。どんな治療法を選ぶかは、病気になっ たご本人の意志がとても大切です。乳がんは、不治の病ではありません。ただ単に秦治す時代紳から、秦いかに美しく治すかの時代紳になっています。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.296 乳房を失わずに乳がんを治す -乳房温存療法- 野崎 美和子

No.295 触ってみつけるわたしのしこり 赤尾 周一

江戸時代、20歳を過ぎると「年増」、30歳以上は「うば桜」と言われました。これは母体の健康のため20歳以前に出産を終えていたからです。当然、 20歳以前に授乳という乳腺(せん)の活動があったわけです。平成の今、女性の寿命が伸び、出産年齢も上がり出産回数も少なくなっています。このような社 会現象が原因のすべてではありませんが、最近乳がんが増加し、しかも年齢が若くなっています。今さら、社会現象を戻すこともできませんから、乳がんに正し く対処するには早期発見をする以外にはありません。 乳がんは自分で見つけ出せる唯一のがんと言っても過言ではありません。そのためには自分で乳房の触診(さわってみること)をするにつきます。わたしの病 院へ5ミリのしこりを見つけて来た患者がいます。まさかと思いつつ患者に言われてしこりを切除し、顕微鏡で調べますと乳がんと診断されました。患者の方が 自分の体のことはよくわかるのかも知れません。こんな小さなしこりは器械にかけてもわからない場合がほとんどです。今のところ器械でのがんの診断率と触診 でのそれはあまり差がありません。 触診にも唯一のこつがあります。それは触診する日を選ぶことです。閉経前の人は生理が終了した日から数えて1週間目だけに触ることです。これ以外の日は 触ってはいけません。閉経後の人は月に一度日を決めて触りましょう。そしてはっきり触れるしこりをみつけたらすぐ外科の専門医を受診し、器械にかけたり、 必要に応じて組織をとって顕微鏡で調べてもらいます。ただし、しこりイコール乳がんではありませんし、たとえ乳がんと診断されても、乳がんはなおりやすい がんですから積極的な心構えを持つことが大切です(心構えが乳がんの予後に影響するという統計も出ています)。  最後に、乳房のいたみだけでがんを心配して受診する患者がおりますが、これは間違いと言ってよいでしょう。わたしは原則的に乳がんには痛みはないと考え ています。痛みの原因こそ文頭に述べた授乳年齢の遅れにあると思います。いずれにしても、秦触ってみつけるわたしのしこり紳(患者)、秦触ればわかるあな たの乳がん″(専門医)です。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.295 触ってみつけるわたしのしこり 赤尾 周一