Monthly Archives: April 1998

No.298 市民本位の地域医療体制づくりをめざして 天草 大陸

市民の健康と命を守る地域医療体制を築いていくためには越谷市医師会が中核となり市役所や保健所、消防署の救急隊などと協力していかなくてはなりません し、越谷市医師会が中核としての機能を発揮するには、何よりも市民から親しまれ信頼される医師会でなければならないことは言うまでもありません。 そのためにも、基本健康診査や胃がん検診をはじめとする各種健康診断、予防接種、学校医、児童・生徒の心臓検診や結核検診、健康相談、市民向けの健康教育講座などの越谷市医師会が担う保健事業のさらなる充実に努力していきたいと思っております。 一方、医療に関しては、心筋梗塞発作、脳卒中発作、交通事故による脳挫傷など命に直接かかわる疾患に対応する第三次救急を含めて全ての病気が越谷市内の 医療機関で対処できる医療体制、すなわち、地域完結型医療体制を築く必要があると考えます。そのためには、現時点ではまだ充分に整理されていない診療所、 中小病院、大病院の機能分担、役割分担を、重複する部分があるにしても、市民の皆様に分かりやすいように区分していかなくてはなりません。それにはまず、 市民の皆様全員が何でも気軽に相談ができ、信頼関係が確立された「かかりつけ医」、「ホームドクター」を持つことが出発となります。そして、異なった診療 科を持つ診療所と診療所との連携、診療所と中小・大病院との連携、中小病院と中小病院との連携、中小病院と大病院との連携を推進していかなくてはなりませ ん。 理想とする市民本位の地域医療体制を構築するには、診療所・中小病院から大病院への患者さんの流れを円滑にすることがポイントになると思いますので、数 百病床規模で総合的な診療科を有する大病院の機能、役割を明確化することも重要であると考えています。大病院には、三つのことが要請されています。第一に 高度医療の提供、第二に救急医療の提供、第三に外来でのいわゆる「3時間待ち3分間診療」の解消です。 以上述べましたことを実現していくためには、市民の皆様のご理解とご協力が必要となります。ご理解を得るために医師会は最大限努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.298 市民本位の地域医療体制づくりをめざして 天草 大陸

No.297 手術中の迅速病理診断 森 吉臣

「お願いします外外科Aさんの胃の切離断端とリンパ節です」 「はい外わかりました」 手術室からの検体を受け取って、これから迅速病理診断の始まりである。 ピーンと緊張感が漂う。病理医は病変の性状や標本の方向など即座に判断し、必要な部位を切り出す。細胞検査士は迅速細胞診用にスライドガラスを検体に数 回ずつタッチしていく。これで数百から数千の細胞が付着しているはずである。今度は他の臨床検査技師がその面が標本になるようプラスチック皿に載せ、包埋 液ですきまを満たす。これを炭酸ガスボンベに接続された小さな鉄のケースにセットして、ボンベの栓をゆるめると「シュー」とすごい音とともに、ケース横の 数個の穴から白い霧状のガスが勢いよく噴出する。30秒後に取り出して、凍結具合を確認する。「よし外」のかけ声で、手早く凍結切片作製装置にセットす る。ここまでに2分が経過している。この装置の中はマイナス20度に冷却され、凍結検体をセットすると、この部分を照明が浮かびあがらせる。ハンドルを回 すと鋭利なナイフが検体を薄く切っていく。ひらひらと揺れる4ミクロンの薄い凍結した切片をすくってスライドガラスにはり付ける。熟練のいる仕事である。 直ちに2種類の染色液で切片を手際よく染めていく。赤く鮮やかに染色された切片に封入剤、カバーガラスを載せて完成である。小走りに検鏡室に持って行く と、病理医が直ちに顕微鏡を覗(のぞ)く。最も緊張する一瞬である。そのとき『リーン』っと部屋の電話が鳴る。先程の細胞検査士からである。リンパ節は陰 性、切離断端からは悪性細胞が検出された旨の報告である。そのとき、顕微鏡からのテレビモニターには断端部からの癌(がん)細胞が鮮やかに映しだされてい る。迅速病理と細胞診断が完全に一致した。検体を受け取って7分が経過している。病理医は手術を中断して返事を待つ外科医に報告すべく、インターホンの受 話器を持ち上げた・・・。 これで胃切除範囲がやや拡大されるが癌は完全に摘出されるはずである。このように完璧(かんぺき)をきするために手術中にも病理による迅速診断が行われている。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.297 手術中の迅速病理診断 森 吉臣