月別アーカイブ: 1998年11月

No.312 喘息死 周東 千鶴

気管支喘息(ぜんそく)は、アレルギー疾患の代表的な存在です。上手に管理をしないと死亡することがあり、これを「喘息死」といいます。ちなみに、日本 では年間約7000人の患者さんが死亡しており、高齢者の死亡者が多いだけでなく … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

No.311 骨粗しょう症 軍事 一誠

骨粗しょう症は、超高齢化社会を迎えようとしている我が国にとって、医学的・社会的・経済的にも重要な疾患として認識されつつあります。 骨量(骨の量)は、成長とともに増加し、30歳代後半までに最大となり、その後徐々に減少します … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。