Monthly Archives: November 1998

No.312 喘息死 周東 千鶴

気管支喘息(ぜんそく)は、アレルギー疾患の代表的な存在です。上手に管理をしないと死亡することがあり、これを「喘息死」といいます。ちなみに、日本 では年間約7000人の患者さんが死亡しており、高齢者の死亡者が多いだけでなく、最近は低年齢層の喘息死が増え問題になっています。 以前は、喘息はおもに気管支のけいれんを中心とした「急性の病気」と思われていました。ゆえに発作が起きた時だけ治せばよいと考えられていました。しか し最近は、慢性のアレルギー反応や大気汚染のような長期の化学的な刺激により気管支の粘膜が炎症(むくみ・はれ)をおこし、たくさんの痰(たん)を作った り気管支のけいれんを起こしたりして、慢性型喘息となることがわかってきました。ですからその炎症をできるだけ早く治す必要があります。そのため、強力な 抗炎症作用を有し副作用の少ない吸入ステロイド薬を、予防的に発作の軽いうちから使うようすすめられています。これにより喘息死が防げるとさえ報告されて います。 また、死亡に至る原因は患者さんの喘息への無知・適切な受診時期の遅れ・服薬を守らない・薬を持ち歩かない等です。喘息の症状が軽くなるとつい薬を飲み 忘れたり、仕事や運動で無理したり、つまり患者さんが油断をした時に喘息死は多いのです。特に思春期以降は、学業や仕事量の増加から受診率の低下・服薬率 の低下をきたし、喘息発作が頻発となり、効果発現が早い携帯発作止めの吸入薬に依存するケースが多いようです。それらの吸入薬の中には使いすぎると心臓に 負担をかけることもあるので、使用後には必ずうがいをすることをすすめます。使用回数と上手な使用方法をかかりつけの先生によく指導してもらうことが大切 です。 喘息の予防には、アレルギーの原因をきちんと調べ、アレルギーの元を絶つことが最も大切です。特に、たばこや大気汚染から遠ざかることも大事です。その 他には、体調を悪くするような生活パターンを避け、十分な睡眠や休息をとってください。また、病気のしくみを理解し、予防や治療方法をきちんと守り、主治 医診察を受け、その指導を守ってください。何と言っても健康第一です。ふだんから健康作りをしましょう。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.312 喘息死 周東 千鶴

No.311 骨粗しょう症 軍事 一誠

骨粗しょう症は、超高齢化社会を迎えようとしている我が国にとって、医学的・社会的・経済的にも重要な疾患として認識されつつあります。 骨量(骨の量)は、成長とともに増加し、30歳代後半までに最大となり、その後徐々に減少します。ことに女性では閉経前から骨量は減少傾向を示し、閉経 後に加速的に減少します。骨粗しょう症に最も有効な予防は、若年期に骨量を高めることと、更年期からの骨量減少をできるだけ抑えることです。骨量を高める こと、骨量減少を少なくするためには、栄養・運動・日光浴が有効であることは周知のことと思います。その中で栄養面を中心に気が付いた点を述べてみます。  飽食の時代にもかかわらず、先進国では日本人のカルシウム摂取量は最低レベルであり、思春期における充足率はなお一層低値であります。最近小児の骨折が 増えているという報告があり、カルシウムの摂取量を増やすことは、将来の骨粗しょう症の予防のみならず、子どもの骨を丈夫にするためにも必要なことです。 牛乳などの乳製品に含まれるカルシウムは、腸から吸収されやすいので毎日の食事に取り入れるように心がけましょう。牛乳嫌い、下痢をおこす乳糖不耐症の方 は、スキムミルクや少量の牛乳を料理に使って工夫してみてください。 また、骨の代謝にかかわる栄養素は、カルシウムだけでなく、たんぱく質・リン・ビタミンD・ミネラルなどが関係しており、これらが含まれている食品をバ ランス良く取ることが大切です。最近、手軽なことから、リン酸塩添加の加工食品・インスタント食品を口にすることが多くなってきています。しかし、この過 剰摂取はカルシウムの吸収を抑制するため注意したいものです。特に、若い人のやせ願望が流行しており、ダイエットを繰り返すことは骨量を低下させる危険が あります。 運動は骨に刺激を与え、血流を良くして骨を丈夫にします。毎日無理のない範囲で、できるだけ体を動かすことが大切です。 越谷市医師会では、保健センターにおいて骨粗しょう症の検診を行っております。自分の骨の量が人並みなのか、それよりずっと低い状態であるかを知ることは、自分の生活を見直し、健康づくりに向けて改善する出発点となります。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.311 骨粗しょう症 軍事 一誠