Yearly Archives: 1999

No.336 小児の下痢止めの使用 大村 純一郎

小児はいろいろな原因で下痢をすることがあります。下痢をともなって受診されるお母さんは下痢止めの薬を希望されますが、最近、小児の下痢には下痢止め を使用しなくなってきています。下痢は腸の中に入った菌や毒素などを体の外に早く出そうとする生理的な現象と考えられています。無理に下痢を止めてしまい ますと、かえっておなかの中で菌や毒素を増やすことになるためです。特に、熱や便に血や膿(のう)がまじっている下痢(例えばO157)では決して下痢止 めを使ってはいけません。 下痢はおなかの中で食物や水分の消化吸収が悪くなり、また炎症などによっておなかの中に水分が多量ににじみ出てくる状態です。 1 下痢の原因 ①食べ過ぎ、寝冷え ②ウイルスの感染 ③細菌の感染 ④アレルギー ⑤その他の病気による反応性の下痢などがあります。 2 薬の使用 ①整腸剤(おなかの中の正常な細菌の増加をうながす) ②酵素製剤(下痢のとき特殊な酵素が少なくなるとき) ③抗生物質(細菌の感染が疑われるとき)  ④水分の補給(口から電解質補給、輸液) ⑤座薬(おう吐が強いとき、まれに使う薬) ⑥腸の動きを抑え、腸のけいれん(痛み)を和らげる薬 ⑦腸の水 分を吸収する薬などがありますが、使用するときは主治医と必ずご相談ください。 3 家庭でできること ①安静、保温 ②水分の補給(おう吐が強いとき、お茶、湯冷まし、スポーツドリンクではなく乳幼児用のイオン飲料。おう吐が治まれば乳児ではうすめたミ ルク。離乳の進んでる小児では、りんご果汁、重湯、野菜スープ、くずゆ。さらに大きな小児では、おかゆ、煮込みうどんなどから食事を進めましょう)。イン スタント食品、繊維の多い野菜、肉類、揚げ物、魚介類はしばらく避けてください ③脱水症状(元気がない、寝てばかりいる、口の中がベタベタする、尿の出 が少ない)などに常に注意し、ふだんから小児の体重を計っておいてください。体重の変化が脱水症の指標としても役立ちます。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.336 小児の下痢止めの使用 大村 純一郎

No.335 インフルエンザの予防と対策 周東 寛

今年も風邪、インフルエンザが流行する季節になりました。インフルエンザのウイルスは感染力が強く、一人一人が注意していないと大流行の原因になりま す。特に小学校、幼稚園に通っている子どもさんたちは、集団生活の中で感染することが多いので、この季節は、子どもさんたちの健康観察を毎日行うなど、お 母さん方の気配りが大切です。毎日の生活習慣が不規則にならないように、少しでも兆候があった時には休ませて早期に治療することが必要です。 インフルエンザの特徴は、①突然に発熱し、体の痛みが激しくなります。②高熱(38~40度)が続く。③体のだるさがひどく、食欲がなくなります。 僉予防と対策僊 「予防に勝る治療はありません」何事も予防が大事です。①予防接種をするつもりなら早期に行いましょう。仕事が忙しい人、受験生、特に結婚などの重要行事 を迎える人など、風邪をひくわけにいかない人は行うとよいでしょう。しかし、予防接種をしても変異したウイルスで発症する事が考えられますので、その他の 予防を励行しましょう。②うがいをすること。外出の後、睡眠前によくうがいをすることです。ポビドンヨードでうがいをしすぎると甲状せん疾患によくなく、 口腔、咽頭を刺激し過ぎることがあり、ひりひり感がでるようでしたら、アズレン等の口腔粘膜保護タイプのうがい薬に切り替えるのがよいでしょう。③よく睡 眠をとること。睡眠不足は何かと神経のバランスが崩れ、身体も精神もしまりがなくなります。④人混みにはマスクをして出かけましょう。⑤手をよく洗うこ と。食事をする前はもちろん、それ以外の時でも手をよく洗いましょう。⑥毎日風呂に入ること。入浴中に鼻の中を洗う習慣をつけましょう。鼻は細かいよごれ (ほこり、細菌)が多いところです。鼻汁によって口腔内、気管内によごれが運ばれます。⑦日頃適切な食事、適度の運動をし、いざという時に備えて体力づく りをすること。⑧水泳、スケート、スキーなどの寒いところでの運動を時々行うのもよいでしょう。冷気、冷水による皮膚マッサージで風邪に強くなります。⑨ 汗をかいたまま冷気にあたらないこと。体の芯を冷やさないこと。眉、首、足でも冷やしますと鼻汁が出やすくなります。⑳天候の変化、気温の日変化に合わせ て身体の保温に気を配りましょう。⑪家族の中で風邪をひいている人がいましたら、食器、食べ物を分けてください。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.335 インフルエンザの予防と対策 周東 寛

No.334 薬の使い方(抗潰瘍剤) 石川 茂子

胃痛、胸やけ、胃もたれといった症状は、誰もが一度は経験することで、胃薬を常備しているご家庭が多いことと思います。 私たちの胃では、胃酸や消化酵素により食べ物を消化します。胃壁の表面は、消化作用をもつこの胃酸や消化酵素の攻撃から自分の胃を守るための粘膜や粘液 で保護されています。健康な胃では、この攻撃と防御のバランスが保たれています。ところが、ストレス、暴飲暴食、薬などにより、バランスが崩れ、胃酸が過 剰になると、粘膜が傷つき、消化性潰瘍ができると言われてきました。最近では、潰瘍の発生にヘリコバククー・ピロリ菌という細菌の関連性が注目されていま す。 潰瘍の薬には、攻撃を抑えるもの、防御を補強するものなど種々あります。なかでも、胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗剤)が 1982年我が国で臨床の場で用いられるようになり、潰瘍の治癒率が上がり、外科手術が減りました。最近では、H2ブロッカーよりさらに強力に胃酸を抑え るプロトンポンプ阻害剤という薬が登場しましたが、ここではH2ブロッカーを中心に話をしていきます。 「H2ブロッカー」どこかで耳にしたことはありませんか?元来、医療機関で消化性潰瘍、胃炎の診断のもとで投薬されていましたが、1997年9月から薬 局でも購入できるようになり、テレビのコマーシャルにも登場するようになりました。胃痛、胸やけ、胃もたれなどの症状がでた場合、所定量を1回服用し、 4~8時間たっても治らなければ、もう1回服用します。薬によって効果の持続する時間が違いますので、1日に服用できる回数、服用の間隔は多少異なりま す。アルコール摂取は薬の血中濃度を高めることがあるので控えてください。消化性潰瘍や胃炎で医師より処方され、所定量を定時間帯に毎日服用するのとは異 なった飲み方です。 肝臓、腎臓、血液の病気、ぜんそくやリウマチなどの免疫系の病気で医療機関にかかっている方、高血圧や不整脈の薬抗生物質、ステロイド、てんかんの薬な どを飲んでいる方、薬を飲んで過敏症を起こしたことがある方は必ず医師や薬剤師に相談してください。また、副作用として発疹、かゆみ、呼吸困難、発熱、食 欲不振、便秘、下痢などの症状が現れることがありますから、疑わしい場合は医師、薬剤師に相談してください。3日間服用しても治らない時は(薬で症状が治 まっても)病気が隠れている可能性がありますから、医療機関の受診をお勧めします。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.334 薬の使い方(抗潰瘍剤) 石川 茂子