月別アーカイブ: 1999年11月

No.334 薬の使い方(抗潰瘍剤) 石川 茂子

胃痛、胸やけ、胃もたれといった症状は、誰もが一度は経験することで、胃薬を常備しているご家庭が多いことと思います。 私たちの胃では、胃酸や消化酵素により食べ物を消化します。胃壁の表面は、消化作用をもつこの胃酸や消化酵素の攻 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

No.333 薬の使い方(せき止め) 多田 英世

せきは、たんやそのほかの刺激によって気管支の筋の収縮が起こると、その収縮がせきの受容体を刺激し、その興奮が神経(迷走神経)を伝わって、脳(延 髄)のせき中枢へ伝達されることによって発生すると考えられています。すなわち、せ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。