月別アーカイブ: 2008年5月

No.438 変形性股関節症 東大沢整形外科内科 高田 直也

変形性股関節症は先天性・後天性の疾病や外傷によって股関節の構造に破綻をきたす進行性の病気です。関節軟骨がすり減ったり過剰な骨ができたりしてすり合わせに不具合が生じて関節が変形していく病気です。 股関節は骨盤という受け皿に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。