Monthly Archives: August 2014

№513 アタマジラミについて   中井皮膚科医院  小森 一哉

ヒトに寄生するシラミは3種類あり、アタマジラミ、ケジラミ、コロモジラミです。このうち、頭の髪の毛に白い卵を産みつけるのはアタマジラミです。アタマジラミの卵は約0・5ミリメートルで、毛の根元付近に多く産みます。アタマジラミの成虫は約2~4ミリメートルです。コシヒカリの米粒が約5ミリメートルですから、米粒より小さい大きさです。髪の毛の間に隠れていて、動きも早いので、卵より見つけにくいです。 アタマジラミと見分ける必要があるのが、ヘアキャストという毛を包むようにできるフケの一種です。アタマジラミの卵と違い、ひっぱると簡単にとれます。ただし、孵化した後のアタマジラミの卵の殻は孵化前の卵と比べると簡単にとれるので、より正確には顕微鏡で検査して区別をつけます。 アタマジラミの治療にはスミスリンという駆除剤を使います。シャンプーになっており、3日に一度(2日おきに)3~4回使用します。これと同時にシャンプーに付属している専用のくしで卵や殻をすきとります。最近、スミスリンに抵抗性をもったアタマジラミが確認されています。この場合はくしでのすきとりしか治療手段がありませんので、くしの使用も治療上重要です。治療が成功しても、孵化した後の卵の殻が髪の毛に付着して残っていて、一見まだアタマジラミ症が治っていないかのように見えることも多いです。この場合、毎日くしですきとった卵の数が減っていくようでしたら、卵の殻のみが残っている可能性が高いと考えられます。 アタマジラミは衛生状態のよい先進国でも多くみられ、日本でもよく見かけられます。決して不潔だからかかってしまうものではありません。アタマジラミは髪の毛の接触でうつるので、子ども同士が頭をよせて遊んだり、頭をよせて寝たりしてうつります。また、アタマジラミは人から離れたのち条件が良ければ3日間ほど生きていますので、衣服やシーツなどを介した感染も直接の接触による感染より頻度は少ないですが起こりえます。これを予防するためシーツや枕カバー、衣服などを60度のお湯に5分間つける、アイロンをかける、といった方法は予防手段として有効でしょう。

Posted in 未分類 | Comments Off on №513 アタマジラミについて   中井皮膚科医院  小森 一哉

№512 予想以上に有害なタバコの煙  大袋医院 西片 光

愛煙家にとって禁煙はなかなか困難なことです。しかし喫煙習慣はきわめて健康を害すると考えるべきです。  タバコの煙の中には、血管を収縮させて血圧を上げる、動脈硬化を起こす、ガンを誘発する、気道を過敏にする、肺に炎症を起こす、などさまざまな作用を及ぼす有害物質が含まれています。なかなか禁煙できないのはニコチンの依存性が麻薬と同等以上に強力だからです。喫煙者の寿命は、喫煙しない人より約10年短いと言われています。これはタバコ1本あたり5分半から6分間命を縮めている計算になります。自分は健康だと思って禁煙外来を受診する方のかなりの人が、実はすでに慢性閉塞性肺疾患(COPD)となって肺を病んでいるか、その予備軍です。  さらに、喫煙する本人以外の人がタバコの煙を吸い込む受動喫煙にも多くの問題があります。タバコの先から立ちのぼる紫色の副流煙には、喫煙者が直接吸い込む主流煙より毒性の強い物質が多く含まれています。残念ながら、煙を減らそうとして換気扇の下で吸っても、喫煙した人の血液に入った有害物質が1時間以上にわたり肺から吐き出されるため、ほとんど効果はありません。同居する家族への影響は大きく、喫煙者の子供に気管支喘息や繰り返す咳が多くなります。また配偶者自身は喫煙しなくても肺がんや心筋梗塞の発症率が2~3倍に増加すると言われています。さらにペットへの影響も指摘されています。ペットの体調不良や一部のガンは、タバコの煙と関係するようです。床に落ちたタバコの粒子状の有害物質が、毛づくろいによってペットの体内に取り込まれ、さまざまな悪影響を及ぼすと考えられています。  ニコチンやタールの少ないいわゆる軽いタバコでも、周囲への環境汚染は変わらず、吸い方によっては喫煙者本人が摂取するニコチンやタールの量も変わりません。  禁煙の動機付けに自分への害だけでなく他人への害をも考えることが有用ではないでしょうか。

Posted in 未分類 | Comments Off on №512 予想以上に有害なタバコの煙  大袋医院 西片 光