Monthly Archives: March 2017

№544 子どもの咳について レイクタウンこどもクリニック 加藤智治

咳は、小児科を受診するきっかけとしてもっとも多いものです。咳がでる病気で頻度が高いのは「かぜ」です。 数日で良くなればいいのですが、なかなか良くならない場合や悪化する場合は、かぜではないこともあるので、注意が必要です。小児科でよくみられる病気についてご説明します。 〈気管支炎〉   主にウイルス感染が原因で、乳幼児に特に多い病気です。最初は鼻水や軽い咳だったのが、2~3日で急にゼーゼー(喘鳴)と苦しくなります。幼いお子さんほど悪化しやすいので早めに受診しましょう。 〈気管支喘息〉   気管支炎のような喘鳴を繰り返す(喘息発作)病気です。アレルギーの検査が必要なこともあります。発作が治まった後も、注意深く経過観察し治療を続けます。 〈肺炎〉   乳児では、RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスなどの感染が主な原因です。高熱があり呼吸も苦しい場合は入院になります。幼児や学童では、マイコプラズマの感染が多いです。  高熱がないこともあり、比較的元気で登園・登校するため周囲に感染が拡がります。適切な診断と治療が必要です。 〈クループ〉   のど(喉頭)に炎症が起き、息を吸うときにゼーゼーいう特徴的な激しい咳が出ます。夜、急に咳や喘鳴がひどくなり救急外来を受診することが多い病気です。ほとんどがウイルス感染ですが、アレルギーが原因のこともあります。 〈百日咳〉   四種混合(以前は三種混合)ワクチンをしっかり接種していれば幼児期までは感染しにくいものの、未接種の赤ちゃんや学童期以降の小児や成人では感染を起こすことがあります。 〈結核〉   乳幼児期の感染や重症化(髄膜炎など)はBCG接種で防ぐことができます。現在もそれほど珍しい病気ではありません。小児の結核は家族など身近にいる大人が結核にかかっている場合がほとんどです。  咳が続く場合は、「熱がないからいいや」と放っておかずに、かかりつけ医を受診してください。  

Posted in 未分類 | Comments Off on №544 子どもの咳について レイクタウンこどもクリニック 加藤智治

№543 痛い病気にご用心!帯状ほう疹と神経痛 おおさと痛みのクリニック 寺田仁秀

「坐骨神経痛が急に出てきて、シップをしたらかぶれました。」  痛みと小さい水ぶくれのような発疹が体や顔、腕、脚のどこか1カ所、左右どちらか片側のみに出たら、まず疑ってほしいのが帯状ほう疹です。痛みと発疹が同時に出ないこともよくありますので注意が必要です。  この病気は子供のころにかかった「水ぼうそう」のウイルスが体の神経に潜んでいて、加齢、ストレス、過労などで免疫力が落ちた時に再活性化して発症します。とにかく痛い! のですが、発疹が出るまでは診断がつかず、さまざまな病気に間違われることがあります。治療は抗ウイルス薬の内服や点滴です。発疹が出てから72時間以内の治療開始が有効です。  皮膚の発疹は2週間ぐらいでほぼ落ち着きますが、問題は痛み(神経痛)です。若い方でも1~2割、60歳以上になると3割以上の方に神経痛が残ります。リスクが高いのは(1)痛みが強い (2)痛みが先に出た (3)発疹の程度が重症 (4)発疹の範囲が広い (5)高齢(60歳以上)です。  特に初めから痛みが強い方はご注意ください。神経痛が長引いてしまうと、治療に難渋することが多くなるので、発症後1~3カ月ぐらいのうちになるべく痛みを抑えることが大切です。普通の痛み止めを使うことが一般的ですが、場合によっては神経痛用の薬や抗うつ薬などを使うこともあります。それでも痛みが強い場合は、神経ブロック注射を行います。これは傷ついた神経に局所麻酔薬や炎症止めの薬を直接作用させることで、痛みを緩和する治療です。  3カ月を過ぎてしまうと帯状ほう疹後神経痛として残ってしまい、非常に治りにくくなります。場合によっては医療用麻薬などを使うことがあります。麻薬というと怖いイメージがあるかも知れませんが、適切に使えば依存は起こりません。他に神経ブロック注射、特殊な装置を使って原因の神経を熱凝固(神経破壊)する治療もあります。これらの方法で痛みを緩和できますが、完治させることは難しいのが実際です。帯状ほう疹になって神経痛が残った場合は、早期にしっかり痛みを取る治療を受けるようにしてください。  

Posted in 未分類 | Comments Off on №543 痛い病気にご用心!帯状ほう疹と神経痛 おおさと痛みのクリニック 寺田仁秀