Monthly Archives: May 2017

No.546 知っていますか? 乳がんのこと 乳腺レディースクリニック越谷 石綱一央

乳がんはもともと欧米人に多い疾患ですが、食生活やライフスタイルの欧米化に伴い日本でも急増しています。日本においては年間で9万人近くの女性が新たに乳がんと診断されており、12人に1人の女性が一生涯のうちに乳がんを発症するとされています。発症年齢は他のがんと異なり、30代後半から急激に増加し、40代後半から50代前半にかけて最も多くなることが特徴です。  そもそも乳がんとは一体どのような疾患なのでしょうか。乳房のしこり(腫瘍)にはさまざまな種類がありますが、その中でも乳房の中の乳腺組織に出来る悪性腫瘍を乳がんといいます。乳腺組織には母乳を産生する小葉と母乳の通り道である乳管があり、小葉とその周辺の乳管を併せて終末乳管小葉単位と呼びますが、乳がんの多くはこの終末乳管小葉単位から発生します。乳がんは他のがんと同様、遺伝子異常の蓄積により発生しますが、その発生や進行に女性ホルモンであるエストロゲンが関わっている点が大きな特徴です。日本も豊かになり栄養状態が良くなったことで女性の成長年齢は早くなりました。そのため若い年齢から初潮を迎えるようになり、女性ホルモンの活動時期が長くなったことが乳がん増加の大きな誘因となっています。  昨今の報道の影響もあり乳がんは非常に怖い印象を持たれていますが、実際は非常に治りやすい疾患です。大きさが2センチ以下で脇の下のリンパ節に転移のない乳がんを早期がん(ステージⅠ)といいますが、早期がんは適切な治療により9割以上完治します。そのため乳がんによる死亡リスクを下げるためにはより早期の段階で発見し治療することが大切です。乳がんの最も多い症状はしこりです。月に1回は自己検診を行い、しこりがあった場合は必ず専門の医師の診察を受けてください。  しかし、しこりとして自覚できる大きさは乳房の大きさにもよりますが通常1センチ以上とされています。そのため、より早期に乳がんを発見するためにも最低2年に1回、可能であれば年1回は定期検診を受けていただくようお願いいたします。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.546 知っていますか? 乳がんのこと 乳腺レディースクリニック越谷 石綱一央

No.545 橋本病って聞いたことがありますか? まつもと内科 松本 和久

橋本病は甲状腺の病気のひとつです。慢性甲状腺炎とも呼ばれ、自己免疫の異常により自己抗体(自分の細胞を攻撃するもの)ができ、甲状腺を破壊して慢性的に甲状腺に炎症をおこし、甲状腺機能が低下してしまう病気です。 甲状腺は首の正面のやや低い位置にある約20㌘程度の小さな臓器です。左右に羽を広げた蝶の形をしていて、気管の前に乗っかるように位置しています。機能としては甲状腺ホルモンを分泌します。甲状腺ホルモンにはいくつか機能がありますが、主に代謝の活性化に関与しています。甲状腺機能(ホルモン)や自己抗体は血液検査で調べることができます。 橋本病は女性に多い病気で成人女性の約3~10%程度が潜在的に橋本病にかかっているといわれています。つまり、甲状腺機能を低下させてしまう一番の原因は橋本病ですが、自己抗体をもっているからといって必ずしも甲状腺機能低下症になるわけではありません。生涯甲状腺機能に異常が見られない場合もあります。症状としては甲状腺が大きく腫れてきますが、甲状腺機能低下がなければ自覚的な症状は特にありません。機能低下してきた場合に無気力、疲労感、寒がり、浮腫みなどの症状が認められます。 治療は不足しているホルモンの補充です。甲状腺ホルモン薬を内服します。自覚症状は1~2カ月程度で改善してきます。甲状腺機能が正常であれば治療する必要はありません。ホルモン補充を開始した後、甲状腺ホルモン薬を内服しなくても問題ない状態になるには時間がかかり、中には一生甲状腺ホルモン薬を内服し続けないといけない方もいます。しかし、内服をしっかり行っていれば特別な制限もなく生活できる病気です。 ただし、甲状腺機能が低下している方には特に注意すべきポイントがあります。ヨウ素の過剰摂取は甲状腺機能を低下させる危険性があります。通常の量であれば問題ありませんが、昆布の摂取過剰やヨード含有のうがい薬も毎日使うとヨウ素の過剰になり甲状腺機能が低下するので注意しましょう。

Posted in 未分類 | Comments Off on No.545 橋本病って聞いたことがありますか? まつもと内科 松本 和久