Monthly Archives: January 2018

NO.554 インフルエンザ予防接種料金はどうして医療機関によって違うの? 越谷市医師会 会長 登坂 薫

謹んで新春のお慶びを申し上げます。市民の皆様方が今年も健康で何事もなく過ごされることを、医師会員一同心より祈念しております。  さてこの冬もインフルエンザの流行の季節となってきました。予防接種を既に終了している人もこれからの方もいる事と思います。今シーズンはワクチンの本数が足らなくて予約を取るのに苦労された方もいる事と思います。ではどうしてそうなったのでしょうか。それは一度決めたワクチンに使うウイルス株4種類のうち1種類を選び直し、製造が遅れたからです。それにより予防接種希望者が多くなる11月から12月に不足が生じました。本来なら13歳以上の方については、0・5mlを皮下に、1回またはおよそ1~4週間の間隔をおいて2回注射するところを、1回注射を原則とすること、ワクチンの予約は昨年度の使用実績を上回らないようにすること、返品は行わないことなどの通知が厚労省から出されました。  しかし最終的にはほとんど不足はなくなる見込みです。  ところで接種料金ですが、お母さん方の中で、あそこはいくら、ここだったらいくらと話題になり、なるべく安いところで接種という事になると思います。なぜ医療機関によって料金が違うのでしょうか。保険診療は国により料金が決められていますが、高齢者以外のインフルエンザ予防接種料は自由診療のため、医師会等で料金を統一すると公正取引委員会の規約に違反するからです。越谷市医師会は以前から料金は会員任せです。3年くらい前でしょうか、近隣の医師会で最低料金を決め会員に周知徹底をした事が独禁法の規定に違反する行為であるとして排除措置命令が出ました。ではインフルエンザ予防接種の料金はどの様に決めているのでしょうか。基本的には保険診療に準じた料金となっています。まずいろいろお話を聞きますので診察料(1回目なら初診料、2回目なら再診料)が掛かります。その他注射手技料とワクチン代がかかります。あとは各医療機関の裁量で料金が決められます。未接種の方はなるべく早めに接種するようにお願いします。  

Posted in 未分類 | Comments Off on NO.554 インフルエンザ予防接種料金はどうして医療機関によって違うの? 越谷市医師会 会長 登坂 薫

NO.553 急性膀胱炎 いいやま泌尿器科 飯山 徹郎

膀胱炎と言いましても何種類もありますが、一般的に膀胱炎と言うと「急性単純性膀胱炎」のことを指します(長いので以後、急性膀胱炎と記載します)。  単純性というのは他に尿路系の病気が無い健康な人がなることを意味し、膀胱結石、膀胱腫瘍、神経因性膀胱等の基礎疾患がある人が膀胱炎になった場合「複雑性膀胱炎」と呼ばれ、治りにくかったり、慢性化することが多いです。 急性膀胱炎は膀胱の中に細菌が入り込み膀胱粘膜に炎症を起こす病気で、圧倒的に女性に多い病気です。これは男女の体の構造の違いによるもので、女性は肛門、膣、尿道口(尿の出口)が近く、尿道も3~5センチと短いので、大便の中や膣の細菌が尿道口から膀胱の中に侵入しやすいのが原因です。男性は尿道口と肛門が離れており尿道も20㌢前後と長いので、健康な男性は急性膀胱炎になることはほとんどありません。 世間ではよく「冷やしたから」「排尿を我慢したから」膀胱炎になるなどと言われていますがあまり関係なく、女性は体の構造からなるときにはなってしまう病気です。性交後になりやすい、下痢するとなるなど特定の条件下でなりやすい人もいますが誰もがなるわけではありません。 症状としては排尿するときの痛み、残尿感、血尿、拭いた紙に血がつく、頻尿などが主症状で急性膀胱炎だけで38度以上の高熱が出ることはありません。 治療は細菌による病気ですので抗生剤の投与となります。水分を多くとり尿量を増やし膀胱内の細菌を積極的に体外に排出することも大切です。 抗生剤を飲まなくても治ってしまうこともある病気ですが、抗生剤ですぐ良くなることが多く、膀胱内の細菌が腎臓に行ってしまうと腎盂腎炎となり入院となってしまうこともありますので、早めの受診をおすすめします。 診断は尿検査で白血球(うみ)の有無を調べます。専門は泌尿器科ですがお近くにない場合は内科や婦人科でも対応可能です。治りにくかったり、短期間で繰り返す場合は泌尿器科への受診をおすすめします。尿検査は必須ですので尿をためての受診をお願いします。

Posted in 未分類 | Comments Off on NO.553 急性膀胱炎 いいやま泌尿器科 飯山 徹郎

NO.552 臓が大きいってどういうこと? 萬屋クリニック 萬屋 穣

心臓は胸の中心からやや左側にあって、人の拳大といわれます。血液を全身に送るポンプの役割をします。身体の外側から見えませんから、心臓の大きさについて言われるとしたら、病院受診、健康診断、人間ドックなどの胸のレントゲン写真(胸部X線写真)か心臓超音波検査(心エコー)を行った時でしょう。また、診察の時に胸を指先でトントン叩かれることがありますが、これでも心臓の大きさをある程度評価することができます。 胸部X線写真をみて、心臓が大きい時は心拡大と表現します。よく心肥大と混同されますが、胸部X線写真では心肥大かどうかはわかりません。心肥大というのは、心臓の筋肉が何らかの原因で厚くなっている事です。心エコーや心臓カテーテル検査で心肥大があるかどうかを判断します。心臓カテーテル検査とは腕や足の付け根の血管に管を入れて、心臓まで到達させます。管に造影剤を流して心臓の中や血管をX線で写真を撮る検査です。 胸部X線写真で心拡大と判断するには基準があります。イメージしにくいかもしれませんが、心臓の左右の幅が、胸の左右の幅の50%を超えている場合をいいます。機会があれば測定のしかたを医師に聞いてみてください。心エコーやカテーテル検査も機械で測定できるため、心臓の大きさを知ることができます。 心拡大は、先にも述べた心肥大を起こして大きくなる場合、逆に心臓の筋肉が薄くなって大きくなる場合、心臓の外側に薄い膜があるのですが、その膜に血液や血しょう成分などが溜まって大きくなる場合が考えられます。 心肥大の原因としては、高血圧症、心筋症、生まれ持ったもの(先天性)、心臓の中にある弁の異常(弁膜症)、筋ジストロフィー、甲状腺疾患などがあります。 心臓の筋肉が薄くなる原因としては、高血圧症、心筋梗塞、不整脈、心筋症、先天性、弁膜症、心膜筋炎などがあります。 心臓の周りの膜に溜まってくる病気の原因としては、心筋梗塞、心膜心筋炎、甲状腺疾患、低栄養、心臓腫瘍などがあります。 心臓が大きくなる原因はこのように色々あります。もし「心臓が大きいね」と言われたら専門医にご相談ください。

Posted in 未分類 | Comments Off on NO.552 臓が大きいってどういうこと? 萬屋クリニック 萬屋 穣