NO.568 ご自宅で治療をうけることができるのをご存知ですか? ファミリークリニック越谷 高橋直人

皆さん、ご自宅で治療を受けることができる訪問診療(在宅医療)をご存じでしょうか。今回は訪問診療についてお話しさせていただきます。
訪問診療とは、病院へ通院することが困難な方に対して、医師が定期的に自宅を訪問し診療を行う医療のことです。夜間や休日なども含めて 24時間365日体制で、自宅での療養をサポートします。万が一入院が必要となった場合も、入院先を紹介するなど医療機関と連携してスムーズな対応を行うことができます。対象となるのは、病気や障がい、歩行困難などで病院への通院が困難な方、ご高齢、認知症で通院が困難(付き添いなしでは通院が困難)な方、入院治療よりも家での療養を希望される方、終末期の療養生活を自宅で過ごしたい方などです。ほかに通院治療している病院があっても、並行して訪問診療を受けられます。通常の病院同様、医療保険が適応されます(一部介護保険ですが、介護保険の認定のない方でも受けられます)。
訪問診療では、たくさんの専門スタッフが関わって患者さんとご家族の生活を支えていきます。介護全体の計画を立てるケアマネジャー、生活を助けてくれるホームヘルパー(訪問介護師)、リハビリと介護予防の専門家である理学療法士、作業療法士、日常生活の看護から医療処置まで行いサポートしてくれる訪問看護師、薬を管理してくれる訪問薬剤師など、多くの専門職が関わり、互いに緊密に連携しながら、チームとして訪問診療を進めていきます。
訪問診療を開始するには、まず地域包括支援センターに相談することをお勧めします。市役所に問い合わせれば、近くの地域包括支援センターを紹介してくれます。その他、地域の居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)に相談する方法や直接在宅医療クリニックにお問い合わせていただいても結構です。
老老介護で苦労されているご家庭や、高齢者のお一人暮らしで不安を抱えている方、難病のため悩んでいる患者様も多いことかと思います。一人で抱え込まず、訪問診療を利用してみてはいかがでしょうか。きっと生活に安心が生まれるはずです。ホームドクター

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。